様々な用途に応用が可能!ポーラステクノの多孔化技術

通気性・透湿性加工   

通孔を開け、フィルムの通気度を制御します。穴の大きさや数は調整可能です。
菌床栽培などに使用されています。

【不織布複合シートの多孔化加工】

既存の技術では加工の難しかった不織布のフィルム層の加工ですが、
新規の多孔化技術を用いた、不織布専用の装置を開発・導入することにより、多孔化を実現。
・通気性(素材により最大0秒:ガーレー法)
・透湿性(100~数千g/(㎡・day・40℃)
をコントロールできるようになりました。

加工レベルを調整することにより、幅広い用途に最適化した加工ができます。
例)
・パンや菓子等の食品包材の透湿度制御
・自動車の内装材
・ガス溜まりの排除